スポンサーリンク

奥さんと同じ目線になってみよう!パパママ教室の実際

体験談

パパママ教室(学級)とは、各市区町村によって出産前のパパ・ママを対象に開催される勉強会です。

妊娠・出産に関する知識を学ぶことがでできますし、お住まいの参加者の方とも交流することができます!

ステテコ
ステテコ

今回は実際にパパママ教室に参加してみての内容や感想をお伝えできればと思います!

コーちゃん
コーちゃん

この記事をみてパパママ教室に参加してみたい!って思って頂けたら嬉しいです。

スポンサーリンク

意外と低い?パパママ教室の参加率

パパママ教室への参加は、義務でなく希望する夫婦のみです。なので強制力はありません!

あるアンケートによると、

両親学級の参加率は全国平均で54.1%であった(有効回答数5425人)

Benesse次世代育成研究所のサイトより引用:https://berd.benesse.jp/up_images/research/research231.pdf

東京都では両親学級への参加率はおよそ46〜49%であった

東京都福祉保健局のサイトより引用:https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/kodomo/katei/kodomokosodatekaigi/dai7kai.files/shiryo4.pdf

と約半数の方々しか参加していないという結果でした。私たちの周りは、参加していた方々が多かった印象にあったので意外な結果になりました!

対して、

母親学級への参加率は全国平均で85.6%であった

Benesse次世代育成研究所のサイトより引用:https://berd.benesse.jp/up_images/research/research231.pdf

このことから母親よりも父親の参加率が半分近く少ないことが分かります。

今はネット社会になっていて、以前よりも情報が得られやすいため必要度を感じていないのもあるのかもしれませんね。

ステテコ
ステテコ

知識に関しては自分でも調べられますが、沐浴や着替えの体験は実際にやってみて分かる点もあるので貴重だと思います!

パパママ教室の内容〜体験を通して〜

地域によって多少違いはあるかもしれませんが、大まかに分けて以下のような内容になっています。

パパママ同士の情報交換

最初は軽いディスカッションがあり、その後に各班(3〜4組)に別れて自己紹介や雑談を行います。自分たちが参加した勉強会では、実技のローテーションも同じ班で周っていました。

基本的には初めてパパママになる夫婦が参加しているため、同じ悩みや思いを抱えている人たちが多いと思います。里帰り出産の方を除くと、同じ地域の参加者が多いのでパパママ友達として交流を深められたらいいかもしれませんね!

場所によっては先輩のパパママの方々との交流があり実際の赤ちゃんと触れ合うこともできるみたいです。

座学(妊娠中の栄養、身体の変化に対するケア、サポート面)

座学では内容によって異なりますが、助産師・保健師・歯科衛生士・管理栄養士・臨床心理士の方々が講義を担当します。

講座内容は、以下の内容を資料を交えて教えて頂きました。

  • 妊娠中の栄誉(食生活や外食の上手な選び方、産後の栄養など)
  • 身体の変化に対するケア(乳房ケア)
  • 赤ちゃんを迎えるための知識や出産・育児についての心構えやママへのサポート

こういった内容は正直、育児書やネットで得られるような知識がほとんどです。ただ、母親側は調べていても父親側で事前に知識を得ている方は少ないと思われます。

なのでこういった勉強会は、共に子育てをしていくうえで知識共有をするいい機会になる思います。

実技(着替え、沐浴、妊婦体験)

実技の時間では保健師の方に教わり、人形を使って着替えや沐浴を練習します。

最初は『ぽ◯ちゃん』のような人形を使うのかと思っていましたが、この人形が見た目や重量感を実際の赤ちゃんに寄せていてかなりリアルなんです!!

これが実際の写真です。

着替えでは肌着やパジャマの袖を短くまとめ、赤ちゃんの手足が引っかからないように迎えて通します(迎え袖)。こうしたやり方で赤ちゃんの負担を減らし、効率的に着替えを行うことができます。

沐浴では洗い方や抱え方、お風呂後のケア(綿棒を使用しておへそや耳の掃除)などを教えて頂きました。

手順自体は大体の育児書に乗っている流れと同じですが、赤ちゃんの抱え方は難しかったですね…詳しくはまた今度説明します!

一つ一つ丁寧に教えて頂けるので、出産前に気になる部分をどんどん質問しておくといいと思います。

また、個人的に面白かったのが妊婦の疑似体験です。

このように10〜15kg程の重りを装着して、実際の妊婦さんに近い状態を作り疑似体験を行うものです。

これがまあ、重い重い。こんな重さを支えてるのだから姿勢の変化で腰痛や神経痛など多彩な症状が出るのも納得です!

重さだけさることながら、驚いたのは視野の狭さ。想像してはいましたが、あんなにも見えないとは思いもしませんでした。

コーちゃんとの2ショット!

コーちゃん
コーちゃん

ん?腹出過ぎじゃない?わたしより大きいよ。

ステテコ
ステテコ

し、しせいの影響もあると思うよ(汗

パパママ教室に参加して

そもそも参加は義務じゃなく、自由参加なので強制力はありません。

実際私も、コーちゃんに言われるまで参加するつもりはありませんでした。理由は最近の時代を考えると十分調べられることができ、必要性を感じなかったからです。

ただ、そうした時に私がその後自主的に調べごとをしたかというと恐らく調べなかったと思います。そういった意味では今回参加して、知らなかった知識の共有や実技を経験できたことはとても貴重な体験だったと思います。

ステテコ
ステテコ

ママ目線になることで些細なことでも気になることは沢山出てきますし、自ずと協力すべき点も出てくるのかなと思います!

タイトルとURLをコピーしました