食べても安全なの?妊娠中における生ものの注意点

スポンサーリンク

妊娠していたことに気づかず、生ものを食べてしまった!そんな経験はありませんか?

私たちの場合コーちゃんが刺身を食べてしまい、妊娠がわかった際に大変後悔したのを覚えています。

今回は妊娠中に生ものは食べていいのか?注意すべきことはなにか?についての記事になります。

コーちゃん
コーちゃん

この記事をみて私たちと同じような境遇の方達に参考にして頂けたら幸いです。

スポンサーリンク

妊娠中に生ものは食べてもいい?

生ものの種類(魚や肉、乳製品など)によって異なりますが、多くの生ものは推奨されていません。

理由としては、妊婦さんは感染への抵抗力(免疫)が低下してしまうからです。そのため、食中毒にかかりやすくなるリスクがあります。

主要なものとして、

  • 魚類に含まれる水銀
  • 生肉に含まれるトキソプラズマ
  • 生ハムやナチュラルチーズに含まれるリステリア菌
  • 生卵などの含まれるサルモネラ菌

などが挙げられます。いずれも『経口感染』であり摂取した食物から感染を引き起こします。

ちなみにトキソプラズマは『接触感染』でもあり、猫の糞や土中の寄生虫などを介しても感染してしまいます。

ただ、妊娠中は食べてはいけない生ものと、食べて良い生ものがあります。

食べてはいけない生もの

基本的には生肉、生卵など加熱処理されていない食材は細菌が多いため摂取しない方がいいです。

厚生労働省からもナチュラルチーズや肉・魚のパテ、生ハム、スモークサーモンなどは避けた方がいいと勧告しています。

他にも過剰な香辛料の摂取は子宮収縮を促すため注意が必要です。

食べて良い生もの

刺身であれば、魚は水銀を含みますが一定量であれば問題がないとされています。

キハダ、メジマグロ、キハダマグロ、ブリ、サケ、アジ、サンマ、イワシ、カツオ、イカ、タコなど一般的にスーパーで売っているものに関しては問題ないです。

マグロは種類によっては水銀を多く含むもの(ミナミマグロ、クロマグロ、メバチマグロ)があるため量には注意が必要です。

どのくらいの量であれば食べて良いの?

大まかな目安として

一般的な一人前の刺身や切り身は約80gとされています。そのため、一人前(約80g)に含まれる水銀量に注意しなければなりません。

下図のように1週間での水銀摂取量が一定の数値に収める必要があります。

また、魚の種類によっては水銀量が高いため把握しておくことが大切です。

具体的な目安として

では一定の数値とはいくつなのか?

食品安全管理委員会が提唱する妊婦さんの水銀の耐容量は2.0μg/kg/週とされています。

なので体重50kgの妊婦さんの場合、100μg(=2.0μg × 50kg)が合計の1週間の水銀量の目安となります。

ただし、これだと魚介類とその他の食品の水銀の割合が不明なのと、注意すべき魚介類の水銀量がどのくらいなのかが分かりません。

厚生労働省が実施している一日摂取量調査の平均値(平成7年~16年)によると、水銀の摂取量は58.9μg/週であり、水銀摂取量は魚介類から47.0μg/週、その他の食品から11.9μg/週であった

そのうち魚介類の割合は、日本の15~49歳の女性における水銀摂取量の調査で、一般魚介類の水銀摂取量はほぼ半量(47.0μg ÷ 2=23.5μg/週)であった

厚生労働省HPより引用:https://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/syoku-anzen/qa/051102-1.html

つまり、体重50kgの妊婦さんの場合、64.6μg(=100μg− 11.9μg − 23.5μg )が注意すべき魚介類からの1週間の水銀摂取量になります。

各魚類における1gあたりおける水銀量の数値は厚生労働省のHPにて確認できます。こちらをご参照下さい。

一人前は約80gのため『水銀量の平均値 × 80g』で計算すればおおよその水銀量が分かります。

種類によっては検体数が少ないため、少ないものはよっぽどでない限り摂取しない方がいいかもしれません。

生ものを取り扱うときの注意点

なるべく鮮度の良い食材を選ぼう!

賞味期限よりも消費期限を意識しましょう。値引きシールが貼ってある食材は消費期限や賞味期限が短いものが多いため特に注意が必要になります。

生ものは買い物の最後に選定し、常温の時間をなるべく短くするようにしましょう。購入した後は時間をかけずに、すぐに帰路に着くようにしましょう。

時間がかかる場合は、保冷用のクーラーバックに氷(よくスーパーに置いてある無料のもの)を入れて持ち運ぶようにしましょう。

冷蔵庫を過信しすぎない!

重要なのは鮮度です。チルド室がある場合は問題ないですが、ない場合は冷蔵庫の温度を4〜10℃以下に設定しましょう(リステリア菌の増殖の観点から、できれば4℃以下が望ましい)。

冷蔵庫の中身が多いときは温度が下がりにくくなるため、詰め込みすぎには注意しましょう。

冷蔵庫で保存していても時間とともに菌は増えていきます。購入した後はその日までに処理するようにしましょう。日を跨いで保存する場合は冷凍庫に保存するようにしましょう。

調理の際には手順に気をつけよう!

一番避けなければいけないことは他の食材に生ものの汁が接触してしまうことです。

食材を切る順番としては野菜類を先に切り、最後に生ものを切るようにしましょう。できることなら包丁やまな板はそれぞれ用意しておくことをお勧めします。

同じ調理器具を使用する場合は必ずその都度洗って使用するようにしましょう。調理用アルコールや熱湯消毒をすることでさらに除菌することができます。

キッチンの布巾やタオルもこまめに変えておきましょう。個人的には使い捨てができるキッチンペーパーがお勧めです。

一番安全なのは加熱処理!

刺身を除いた生魚や生肉、生卵は加熱処理が必須になります。

加熱処理は、食材の中心部分が75℃以上で1分間以上加熱することでほとんどの菌を殺菌することができます。電子レンジやオーブンで加熱する際はムラのないように加熱するようにしましょう。

焼き魚の場合は焼いた後に身の中心から透明な汁が出てきたらしっかりと焼けている目安です。刺身の場合は、鮮度を意識して早めに食べるようにしましょう。

不安になりすぎないように!

妊婦さんは免疫力の低下から生ものの取り扱いには気をつけなければなりません。

生肉やナチュラルチーズなどは加熱処理が必須になりますが、魚類は量や鮮度、食事までの時間を注意すれば体にも問題はありません!

魚類は妊婦さんに必要な栄養が豊富なため、妊娠および出産のためのバランスの良い食事にかすことができない食材です。

コーちゃん
コーちゃん

しっかりとポイントを抑えて適切な量をとれるようにしましょう!